物語 ウクライナの歴史 黒川祐次

著者は外務省に勤務しウクライナに駐在されたと言う経歴のある方で、日本とウクライナの歴史についても詳しく、この本にも戦後の芦田首相が外交官として交友があったことなどを書かれている。現在のウクライナ情勢を理解するために読んだが世界史に不慣れで読むのにすごく時間がかかってしまったがウクライナの歴史を知るのにとても良い本だと思う。

 

現在のウクライナの土地にはスキタイ人と言う先住民がいたが3世紀半ばには滅んでいる。その後879年ごろにできたキーフ・ルーシ公国を始めとする複数の公国は周辺国からの流入によって出来た寄せ集めの国家だ。

 

キーフ・ルーシ公国は1240年モンゴル帝国により陥落、周辺公国の一つであるハーリチ・ヴォルイニ公国はそれから1世紀近く存続した後、14世紀半ばにハーリチがポーランド、ヴォルイニがリトアニアに占領された。

 

ウクライナの起源をどこに置くかでロシアとウクライナの間で意見が分かれるが、ウクライナ側は、ハーリチ・ヴォルイニ公国を起源と主張しているという。最初のウクライナ国家は14世紀半ばに滅びたが、ポーランドは民族運動を弾圧したが、リトアニアは寛容だったためキーフ・ルーシ時代の言葉・慣習がロシアに支配されるまで200年近く残った。

 

ポーランドリトアニア時代には領主の農民への締付けにより、ウクライナ南部ステップ地帯遊牧民コサックと合流、16世紀にコサック(ヘトマン)国家を形成。1651年ポーランドに敗れ、同じく周辺公国の一つであったモスクワ大公国(ウラジミールスーダリ公国)と同盟国と協定を結ぶがこれが破滅への一歩となってしまう。1667年モスクワ大公国ポーランドウクライナの分割を恒久的に確約すると言う協定を結んでしまい、1709年にモスクワに戦いを挑むも敗れ、1783年にはヘトマン国家は消滅、ロシア・オーストリア両帝国の支配となる。

 

ロシア帝国下ではウクライナ民族弾圧が進んだため、オーストリア帝国下では啓蒙活動が進み民族主義活動が進んだ。しかし第一次世界大戦下の1914年ハーリチナのロシア占領により弾圧を受ける。1917年2月革命によりロシア帝政の崩壊とソ連の樹立のゴタゴタにより、ウクライナのロシア内での自治を認められ、ウクライナ・ソヴィエト共和国(傀儡政権)が樹立。西ウクライナを中心としたウクライナ民共和国を独自に樹立したが、1919年ロシア・ボリシェヴィキ政権に敗れ独立闘争は閉幕、束の間の独立であった。

 

ウクライナ・ソヴィエト共和国ではスターリン政権下では搾取と飢饉、粛清による大虐殺が行われ、ポーランド支配の西ウクライナでは民族活動が行われる。第2次世界大戦時1939年、ソ連ポーランドに侵攻、ハーリチナ・ヴォルイニ地方がソ連編入モルドヴァ共和国を除いてウクライナは再統合される。1990年ロシア、ウクライナがそれぞれ主権宣言を行い、ソ連解体とそれに伴うウクライナ独立が国際的に承認された。1991年国民投票が行われウクライナの完全独立について各州で投票が行われロシア人の多いクリミアを含め全ての州で過半数を得る。ウクライナにとってはロシアからの350年来の流血を伴わない喜ばしい独立であるが、この独立は当時のロシアの内政がゴタゴタしていたためでウクライナにとっては棚ぼたであったろうと著者は言っている。現在2022年のロシアのウクライナ侵攻の一員としてソ連解体時に手違いがあったとプーチンも言っている。

 

ウクライナは地形的にモンゴル帝国、トルコ帝国、東ローマ(ビザンツ)帝国、ロシア帝国と列強に囲まれ、ウクライナ人は歴史的にいつの時代も戦火に巻き込まれていたとわかる。しかしそれに巻き込まれるウクライナの人達はたまったものでないだろう。一刻も早い平和的な解決を望みます。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

ポピュラー音楽の社会経済学ー高増明 編

筆頭著者の高増さんはインディーズレーべルの社長として音楽業界に携わっており、学生バンドのスカウトや、大学のゼミも受け持っており、共著者の二人はゼミの学生であるとのこと。

 

音楽業界を取り巻く状況について、様々な観点から紹介している。

アーティストの契約問題や音楽流通での関係者のマージンなどは業界人らしい視点と言えるし、公共財として音楽を捉える、日本経済の歴史が音楽に与える影響などの視点は社会学経済学研究者といった感じがする。

また海外と日本の代表的なバンド名を挙げその影響や、テクノロジーの発達による音楽業界の変遷などについても丁寧に説明されており、大学で教鞭をとっておられるだけあって大変分かりやすかった。

 

何故JASRACに金を払わなければいけないのか今まで謎だったが、一応アーティストに還元する仕組みとして存在しているということは了解した(自分が無知だっただけが)。

 

一方で日本はフランスや韓国のように国が音楽文化に援助する仕組みや、米国のようなチップ文化があるわけでもないので音楽で食べていくのはとても大変だと分かった(日本で音楽では食べていけないとよく言われるのはこういう事情もあるのだなと思った)。

 

この間忌野清志郎さんの本で、バイトと両立している人がバンドで成功してる人を見たことがない、と書かれていたが、これでは日本で音楽は育たないよなと思う。

 

それでも音楽が好きでライブとかで楽しませてくれる人たちには、最近よくある投げ銭とかクラファンとかで援助してあげるべきだなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソ連歌謡ー蒲生昌明

 

今何かと話題のロシア、ウクライナ等の国の前身、ソ連東欧諸国連合の音楽事情について、ソ連向けの日本ラジオの愛聴者であるという作者が代表的なソ連歌謡についてまとめた本。

 

来日したこともあるソ連美空ひばりとか、セクシー過ぎてテレビ出演禁止になったソ連のマドンナとか、紹介文がみんな面白くてどんなのか聴きたくなってしまう。

 

そういう人のために英語表記のアーティスト名も載っているからYoutubeとかでほとんど見つかる。

 

第1章はシャンソンっぽい曲が多い気がする。日本の戦後のりんごの歌みたいな曲が多い。

 

www.youtube.com

ソ連美空ひばりことLudmila Zykinaさんの80歳の誕生パーティとのこと。途中の足先まで隠れたスカートの民族衣装の女性が踊りながらLudmillaさんにお辞儀をしていくのとか、水兵さんがポルカ風の音楽でラインダンスを披露し、本物の軍人マーチング演奏などが行われるのに見入ってしまった。Ludmilaさんは最後に両手を若い金髪男性に支えられながら歌われるだけだが野暮ながらご高齢なのだからもっと静かにお祝いしてあげたらいいんじゃなかろうかと思ってしまった。なおこの時代の方達は現在はほとんど亡くなっているようだ。

 

第2章はVIAと呼ばれるグループサウンドが中心。ソ連ではロック音楽自体はありふれているが、反体制という意味のロックという言葉を認めておらずVIAという言葉になっているという。ビートルズに影響を受けたバンドが多いのか、ロシアンビートルズというバンドまである。

 

www.youtube.com

 

ビートルズやDoorsの影響を受けているというSamotsvetyの「僕の住所はソビエト連邦」という曲。複数名男性のコーラスやハードロックっぽいギターはいかにもそれっぽい。

 

www.youtube.com

 

Vladimir Migulyaさんの庭の草という宇宙飛行士の歌でロケット打ち上げの際にはこの曲が流れるらしい。ツインギターを弾いている彼は日本でも通じる細身でやさ顔のイケメンだが、ロシアの女の子はマッチョが好みで客層は主におばさん世代が多かったらしい。しかしVladimirさんは恐ろしい事件に巻き込まれ命を落としておりその生涯はかなりハードだったようだ。

 

第3章は映画音楽が中心、戦艦ポチョムキン惑星ソラリスなどのソビエト映画で流れる映画音楽を彩った音楽とのこと、題名は聞いたことがあるが映画自体未視聴なのでなんともいえない。コラムでソビエトの誇る偉大な作曲家ショスターコヴィチは、国から粛清されるかも知れないという恐怖の中で曲をつくっていた、いうこと。音楽的な特徴はあるのかないのかよくわからなかった。

 

第4章ではソビエト圏でもロシアに属していない国の音楽を集めている。

 

www.youtube.com

 

カザフスタンラトビアのzodiacというグループはラトビアYMOと呼ばれるテクノポップグループだが、アルバムジャケットといいジャーマンプログレの様相がある。

 

・・・などなど、他にも濃いアーティストがいっぱいでしたが、驚くことに誰一人として名前を知っているアーティストがいなかった。でもソ連歌謡が日本人に全く馴染みがないかといえばそうではなく、有名な百万本のバラの歌はソ連歌謡で、日本の紅白歌合戦に出場した人もいたらしく目から鱗だった。

 

また著者のマニアックな情報でたくさん笑かしてもらい、たくさんの良い音楽にも出会うことができ、大変に興味深い本でした。同じシリーズで共産テクノソ連編と東欧編なる本も出ているとのことでそちらも要注目ですね!

 

 

 

アンビエント・ドライヴァー 細野晴臣

細野晴臣さんは日本語ロックの草分け的存在のはっぴぃえんどのベーシスト、世界的なテクノバンドのYMOメンバーです。

 

この本は細野晴臣さんが自ら書かれたエッセイ集のようで、全体的に先生が生徒に教えてくれうような感じで、文章からとても暖かい人柄という印象を受けました。

 

最初のうちはUFOを見た話、ローリング・サンダー、元気になる水など不思議な人かと思ったが、MacOSXの前のMacが良かったこと、身体と精神の自律神経と副交感神経への作用、超ひも理論と話題は尽きることなく、とても博識な方だと分かります。

 

また自分が知らなかったこととして、銀河鉄道の夜メゾン・ド・ヒミコなどのアニメや映画音楽等も手がけておられること、また自分も愛聴しているアイスランドムームというエレクトロニックバンドとも親交があることなどが知れ、細野さんのことが急に身近に感じました。

ロックで独立する方法 忌野清志郎

忌野清志郎さんは父親に連れられて見にいったライブビューイングというのか、ドキュメンタリー映画RCサクセション時代の曲を聴いて以来のファンです。

 

この本は2000年頃のインタビュー記事をまとめたもので、清志郎さんがこういうタイトルで若者向けの本を作りたいねということで作られたという。

 

前半は1970年RCサクセションデビュー頃と、本が書かれた当時の音楽的環境の違いについて語られており、自分自身の経験を元にどうすれば大好きな音楽を生業としていけるか悩める若者へのアドバイスとなっている。

 

後半ではRCサクセション時代のメンバーの話とか、解散のきっかけといった話が載っており、昔から追いかけてきた人ならば常識なのだろうが個人的に知らないことが多くてそちらも興味深かった。

 

意外だったがRCサクセションは最初はフォークソングのグループだったという。

デビュー曲は宝くじは買わないという曲で、アンプは使用しておらずフォークギターとベースはウッドベースを使っているらしい。最初はドラムが不在でリズムセクションをギターで補ったからRCサクセション独特のパーカッシブなギターサウンドが生まれたのだという、なるほど!

 

清志郎さんはビートルズの影響をもろに受けている世代だが、ビートルズも同じように地元のバンドマン仲間が始まりで、RCサクセションも地元のバンドマン仲間で作られたものだから不思議な巡り合わせだといっている。

 

またビートルズとはバンド解散の契機にも共通点があり、ビートルズは結成当時のライブセッションを再現したゲット・バックセッションでのメンバーの不和により解散につながったが、RCサクセションの場合も、結成当初に持っていた既存の音楽に縛られないアグレッシブな曲作りに挑戦するというコンセプトで作ったカバーズというアルバムレコーディングがきっかけだったそうだ。

 

世の中にはバンド指向と人とソロ指向の人がいて、清志郎さんは最初からバンド指向だったようだ。それはやりたい音楽がバンドサウンドだったというだけでなく、最初はわからないことだらけで不安だったので、仲間がいると安心だったという。

 

ただ長く続けているとメンバー間の不和が大きくなりーー元々メンバー同士はそれほど仲が良かったわけでなかったということ、また音楽業界に慣れていくと自分一人でもやりたい音楽をやる方法が分かり皆ソロ指向になるものだという。

なるほどだからビートルズもバンド解散した後、それぞれがソロ活動するのだな。

 

この本を読んで忌野清志郎さんは音楽に対してとても真摯な方だったのだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

戦争は女の顔をしていない スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ(三浦みどり訳)

著者は1948年ウクライナ生まれ、国立ベラルーシ大学卒業、ジャーナリスト、2015年ノーベル文学賞受賞。

 

第二次世界大戦ソ連とドイツの戦いにおいて、ソ連側の女性軍人やパルチザンと呼ばれる市民ゲリラなどの従軍女性へのインタビューを寄せ集めたものになっており、戦争の悲惨さを伝える反戦としての物語だけでなく、戦後世間から白い目で見られた従軍女性への差別偏見をなくすためにもこの本は書かれている

ーーつまり軍人は男性が大多数を占める中で、非力な女性が、男性が圧倒的多数を占める戦争に、わざわざ行っていた理由をあれこれ勘繰られた自らの戦争経験をひた隠しにしなければならなかったのだという。

 

月並みな感想ですが戦争は人を残酷に変えてしまうのだなと思います。

 

毎日ロシアのウクライナ侵攻のニュースが流れていますが、一刻も早い停戦と平和的な解決を祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音学史に刻まれたロック〜英国プログレッシブ・ロックと反体制文化ーエドワード・マッカン(余田安広訳)

著者はアメリカ人、大学教授、ミュージシャン、作曲家であり、他にエマーソンレイクアンドパーマーに関する著作があるらしい。

 
プログレッシブロックを扱っている書籍は日本ではあまり多くないと思うが、プログレッシブロック全体を俯瞰するという意味ではこれ以上にまとまった本はないのではないだろうか?
 
基本的には大変読みやすい本だが、大学教授らしく各バンドの代表作をいくつか挙げて・・・和声、拍子、旋律が黒人音楽や宗教音楽との類似点が見られる・・・東洋思想や神学などの文学的表現が歌詞に見られる・・・のようにアカデミックな観点でガチガチに論じている章もあり、残念ながら私の理解が追いついていない箇所も多く残念だ。
 
シンコーミュージックから出ていたディスクガイドシリーズの青本と赤本はこの本を読む上で理解を助けてくれたーーこのディスクガイドシリーズではイエス、エマーソンレイクアンドパーマー、ジェネシスピンクフロイドのそれぞれ異なる音楽性のバンドが赤本に掲載されていて、キングクリムゾン、ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター、カンタベリー出身グループのジャズ寄りのバンドが青本に載っている。
 
また著者のロバートフリップ評で、「目にも止まらぬクロス・ピッキング」、「ミニマリズムプログレッシブロックとの結びつきを最も強めたミュージシャン」「プログレッシブロック分野には、自由な型の即興の名手が何人かいた(最も傑出していたのは、キング・クリムゾンロバート・フリップ)」とかなり好意的な表現があり
ーーロバートフリップは英国出身のプログレッシブロックバンドの雄とも言われるキングクリムゾンのバンドリーダーであり、私が最も尊敬するギタリストの一人でもある
 
私はフリップが世間からあまり正当な評価をされていないような気がしていたので、読んでいて嬉しくなってしまった。
 
例えばこの間読んだジェネシスのギタリスト・スティーハケットの自伝にこのような記述があった。
 
ロバートフリップとスティーハケットが軽食をつまみながら話をしていて、途中でフリップがハケットに「ハケットが軽食のチーズを食べ過ぎており、本来フリップが食べるべきチーズも食べてしまっている」のような食事のマナーを注意された、だがハケットがふざけてさらにチーズを摘んだら二度とフリップに話をしてもらえなくなった、という。
 
おそらくこれは単なるハケットのジョークだが、それに近いニュアンスでフリップのことを茶化すような空気が私の周りに昔から蔓延しているような気がする(ネット界隈の書き込みにも近いものを感じるが、ネットに毒された人々なのだろうか?)
 
もしプログレッシブロックが大好きな人であれば、手元に一冊置いておいても良いのでないかと思います。